整体の施術で劇的効果|スカッと回復東洋医学

massage for health

東洋医学の真髄

伝統的な東洋医学に基づいた治療術

massage for health

鍼灸とは本来は鍼と灸という2つの独立した医療技術を総称していう言葉ですが、同じ治療施設において提供される機会が多いためたいていは一緒に言及されます。 鍼灸はいずれも東洋における伝統的な医学思想にある経絡を重要視するという点で共通しています。経絡とは生命活動に必要な「気」や「血」が通る道で、全身にくまなく張りめぐらされています。この経絡は身体のすべての機能を調整しており、健康が損なわれるのは経絡に異常が発生し、「気」や「血」が滞ってしまうからだと考えられています。この滞りを治すのが鍼灸の目指すところとなります。 鍼灸は鍼灸院という治療施設で提供されており、その施術者はそれぞれはり師・きゅう師と呼ばれる国家資格所有者です。

ツボへの刺激で健康リスクを解消

では鍼灸はどうやって「気」や「血」の流れを正常化するのかというと、ツボへの刺激によってです。ツボは専門的には経穴といい、経絡が身体の表面にあらわれた場所だとされています。現在ツボの数は全身に361か所あるとされており、WHO(世界保健機構)が統一的に認定しています。 鍼灸はこのツボに対して金属製の鍼を刺したりお灸を燃やしたりして刺激を与え、活性化させることで「気」や「血」の滞りを解消します。1つ1つのツボはそれぞれ体内の臓器に対応しているとされており、該当するツボを正しく刺激することで治療効果が得られると言われています。 近年では刺さずに軽く刺激するだけの鍼や温度の低いお灸なども開発されており、リラクゼーション効果があるとして人気が高まっています。